テクノストラクチャーとは
モデルハウス見学会予約
TOPページ > ブログ&お知らせ > ブログ > いよいよ今週末!満を持してGRAND OPEN!
いよいよ今週末!満を持してGRAND OPEN!

皆さんこんにちは!

春らしい気候が続いていよいよ桜も咲き始めましたね!

 

春は新しい季節。

新しい環境にいく方。

新しく人を迎える方。

どちらも良い出会いになりますように・・・♡

 

さて、

ケーズテクノホームでは、以前から準備をしてきた広田モデルハウスが

いよいよ今週末にグランドオープンです!

 

4月4日の当日 天候が良ければ

このような↓ボムボム遊具も登場します!

 

見るからに楽しそう!

お子様を見守るスタッフもおりますので安心してごゆっくりご見学・相談してください♪

 

 

今日はテクノストラクチャ―の基礎となる「テクノビーム」のご紹介を致します!

 

パナソニックが独自開発した木と鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャー工法では、木の弱点を鉄の強さで補強したオリジナル部材「テクノビーム」を使用。
通常の木の梁と比べると「たわみ」が少ないので、長い年月が経過した後も、

梁の「たわみ」からくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。

 

さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです!

 

ん!!? 木の弱点とは!?

木の強度は縦の力には強く、横の力には強くない「テクノビーム」強さの秘密

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境に配慮された素材でいて、丈夫で長持ち。

その建築材料としての実力は、法隆寺などの歴史的建築物を見ればおわかりいただけると思います。

しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性も。

 

つまり、柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できるものの、梁のように横向きに使う場合は、

強度が不足しがちになるといった弱点があるのです。

 

なるほどですね!
だから、梁に鉄骨をいれてるのですね!
が、しかし
テクノビームはお家の躯体となっているので
モデルハウスでは石膏ボードや壁紙に隠れて見えません。
ですが、テクノビーム見本がモデルハウスに展示していますので
見て触れて体感する事が可能なのです!
これはもうテクノストラクチャーに見に行かなくっチャ―(笑)

是非、2020年4月4日からの広田モデルハウスへご家族揃ってご来場下さい!!

 

見学予約受付中です! ↓ ↓ ↓ ↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■☆

2020年4月4日(土)から広田モデルハウスGRAND OPEN!!!

見学予約受付中です!!!!

http://ks-technohome.com/apply

ご予約は☝こちらから♪

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■☆

淡路島, テクノストラクチヤー, Panasonic, 住宅設備, ママ応援,

シェア家事住宅, 一戸建て, L-CLASSキッチン, テクノストラクチャ―の家

 

施工事例・お客様の声
ケーズテクノホーム株式会社
兵庫県南あわじ市山添261-1  電話:0120-398-200 FAX:0799-45-0225
兵庫県知事許可 (般-27)第801985号
モデルハウス見学会予約